スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB48 今度は偽造握手券 警視庁、詐欺容疑など視野に捜査(産経新聞)

 人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーが先月20日に東京都内で行ったCD発売記念イベントで、複数の偽造握手券が見つかっていたことが1日、捜査関係者などへの取材で分かった。偽造握手券は名古屋市内で開催されたイベントでも確認されている。広範囲で出回っていることや偽造が精巧なことから、警視庁は組織的に偽造された疑いもあるとして、詐欺容疑などを視野に全容解明に乗り出した。

 捜査関係者などによると、偽造握手券が確認されたのは「ラクーアガーデンステージ」(東京都文京区)で開催された、AKB48内の5人組ユニット「渡り廊下走り隊」の新曲発売イベント。新曲CDに「おまけ」として同封された握手券を持って会場に訪れれば、ユニットのメンバーと握手をすることができるというものだが、少年2人が偽造握手券を持って会場を訪れたという。

 イベントスタッフが少年2人から話を聴いたところ、2人は同じ男の名前を挙げて、「イベント会場で受け取った」との趣旨の説明をしたという。このためスタッフが警視庁富坂署に連絡した。

 AKB48をめぐっては、先月17日にも名古屋市で開催された同様のイベントで、回収した握手券の中に十数枚の偽造券が見つかり、イベントが急遽(きゅうきょ)、中止となっている。名古屋市で見つかった偽造券は2種類あったが、このうち1種類は都内のイベントで少年が所持していたものと酷似していたという。

 警視庁では、押収した偽造券の鑑定を進めるとともに、入手ルートなどを詳しく調べている。

 AKB48は作詞家の秋元康氏が手がけるアイドルプロジェクトで、オーディションで選ばれた10~20代が所属。「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、東京・秋葉原の専用劇場で連日公演をしているほか、握手会なども多数行っている。 

【関連記事】
AKB人気に便乗…相次ぐ犯罪、悪質化も
渡り廊下走り隊アッカンベー!初水着写真集
政界もお手本に!?「AKB48総選挙」再び実施
「夢はAKBのライバル作ること」秋元康さんに渡辺晋賞
AKB内ユニット、“握手券”の盗難&偽造で握手会中止
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

小中学校で休暇分散化を実証=過ごし方の変化調べる-観光庁(時事通信)
ジョニー・デップ、来日決定!ただし日本滞在時間は最大で15時間!分刻みで行動
「まず理由から」裁判長の言葉に小刻みに頭を震わせる小泉被告(産経新聞)
脱ゆとり教科書、理科実験で先生向け「特訓」も(読売新聞)
拉致解決へ「重要な時期」=知事の会に中井担当相(時事通信)

亀井氏「愛している女性に鍵を渡してなんで悪い」(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は28日、テレビ朝日の報道番組で、「週刊新潮」で報じられた中井洽(ひろし)国家公安委員長の女性関係について、「70(歳)近いおじいちゃんが若い女性と愛し愛されているなんて明るい話じゃないか」と述べ、中井氏を擁護した。中井氏が住む赤坂議員宿舎のカードキーを女性に持たせていたことも、「愛している女性に渡してなんで悪い」と述べた。

【関連記事】
「日米韓で解決に全力」中井担当相が拉致現場視察
女性問題の中井氏「路上でキスは一回もない」
千葉法相、女性問題の中井氏に苦言
中井氏「女性とは6年のつきあい」「清掃依頼しカードキー、何か問題あるか」
中井洽国家公安委員長、議員宿舎のカードキーを女性に貸与 週刊新潮報道
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「レジ、オープン」英語講師、コンビニ強盗容疑で逮捕 (産経新聞)
郵貯限度額2千万で決着…亀井・原口案が軸(読売新聞)
子宮頸がんワクチン接種 定期検診とセットで(産経新聞)
<天気>近畿、冷え込む 金閣寺も雪化粧 (毎日新聞)
<京都知事選>告示 新人、現職の2氏が立候補(毎日新聞)

【自民党「苦悩」の現場】「邦夫の乱」は収束 執行部批判…幹部からも(産経新聞)

 大型連休(GW)前の新党結成を目指して15日に離党表明した元総務相、鳩山邦夫の「乱」は、党内から「季節はずれの渡り鳥」(参院幹事長、谷川秀善)と酷評され、とりあえず収束した。

 だが、これで執行部批判が沈静化したわけではない。21日には組織運動本部長の石原伸晃と広報本部長の小池百合子がそろってテレビ出演し、党運営への不満を訴えた。

 石原「政権交代したのに党組織が変わっておらず、攻撃力が弱い。幹事長がすべて差配するのは無理だ」

 小池「自民党が出す古い松花堂弁当に国民は食べ飽きたが、まだ新しいメニューを出せていない」

 党政調会長の石破茂もフジテレビ「新報道2001」で「(若手の積極登用で)国民の支持が上がるのであれば、虚心坦懐(たんかい)に聞くべきだ」と執行部改革の必要性を説いた。

 ≪都知事からの進言≫

 一方、鳩山が連携を呼びかける元財務相の与謝野馨、前厚生労働相の舛添要一は独自の動きを続けた。

 与謝野は18日昼、都内のホテルで開かれた国際草の根交流センター(ジョン万次郎財団)の理事会で民主党幹事長の小沢一郎と隣り合わせた。「囲碁仲間」ということもあり「小沢と連携か」と憶測を呼んだが、与謝野周辺は「小沢は財団の会長、与謝野は副会長として出ただけだ」と強く否定する。

 17日には与謝野の個人事務所に東京都知事、石原慎太郎が訪れた。会談の名目は「都税の相談」だったが、実は石原は無所属の元経済産業相、平沼赳夫や鳩山と連携を続けるように進言したとされる。

 舛添は「経済戦略研究会」の規模を広げていく。執行部交代と新党結成の両にらみでいくためにも研究会を通じて党内での発言力を高めていく作戦のようだ。

 平沼も4月中の「平沼新党」結成に向け、本腰を入れ始めた。鳩山は「7割、8割以上は方向が一緒」と連携に期待を寄せるが、平沼は、鳩山の「口の軽さ」に不信感を抱く。「保守」という言葉を嫌う舛添と連携する考えもない。ただ、郵政民営化をめぐり悪化した与謝野との関係は2月末の両者の会談を機に修復に向かっているという。

 ≪「死にものぐるいで」≫

 危機感を募らせた幹事長の大島理森は16日、総裁、谷垣禎一の出身派閥、古賀派の会長、古賀誠と会談、与謝野の側近で幹事長代理を辞した園田博之の動きを抑えるよう協力を求めた。

 だが、古賀は、これまで谷垣や国対委員長、川崎二郎らから党運営の相談がなく、無視されてきたとの思いがある。「もう遅いと言おうと思ったんだが…」と周囲に漏らすほど対応はつれなかった。

 18日の古賀派総会で古賀は、隣に座る園田を横目に執行部に厳しい注文をつけた。

 「総裁をはじめ執行部に参院選に取り組む緊張感、危機感が足りないのでないか。与謝野先生や園田先生の気持ちはわからないでもない」

 大島は19日には元首相、麻生太郎を介して平沼と会った。平沼から参院選岡山選挙区での協力を取り付けることはできたが、本当の狙いだった「平沼新党」に自民党から何人が参加するのか、感触を探ることはできなかった。

 こうした中、谷垣は18日、挙党態勢を目指し、月末に両院議員懇談会を開く考えを表明した。ところが、川崎が「月末は『日切れ法案』の審議がある」と待ったをかけ、結局4月に延期。またも幹事長サイドと国対サイドの連携不足を露呈してしまった。

 「『もっとしっかり党をまとめろ』とお叱りを頂くのは私の不徳の致すところだ。求心力をもう一回作らなければいけない。自由闊達(かったつ)に議論し、最後はまとまる姿を必ず作る。死にものぐるいでやっていきたい」

 谷垣は21日、仙台市内で講演し、こう声を張り上げた。だが、党執行部人事を断行しない限り、批判は収まらないところまで来ている。

 ≪「じっくりやる」≫

 「日本の社会主義化が進んでしまう。今の自民党では防ぎきれない。新しいグループを作る必要がある」

 19日夕、離党表明後初めて選挙区の福岡県久留米市に入った鳩山は約300人の支持者に一連の言動への理解を求め、一人一人に握手する気配りをみせた。

 だが、ある市議は「鳩山氏の行動を支持する人は納得しただろうが、支持したくない人は納得していない。地元で自民党を分裂させたくないのだが…」と表情を曇らせた。

 別の市議が「新党を作るならば与謝野や舛添よりも若いのを迎えなければ」と注文をつけると、鳩山は厳しい表情でこう応じた。

 「とにかくじっくりやっていきますよ…」(敬称略)

グーグル、中国本土から香港に「撤退」 さらなる対立も(産経新聞)
28県議会…外国人参政権反対、大阪市会も意見書提案へ(産経新聞)
<サクラ>花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)
橋下新党「大阪維新の会」の構想案が判明(産経新聞)
<10年度予算>今夕に成立…参院委可決(毎日新聞)

【くらしナビ】生理用品、積極的に選んで 自分の体を知るきっかけに(産経新聞)

 月経のある女性が毎月お世話になる生理用品の代表格といえば、ナプキンとタンポン。皆さんはふだん何を基準に選び、使用していますか。「いつも使っているものだから…」という“何となく”派ではないですか? 今も昔も変わらない日常生活での生理をめぐる悩み。積極的な生理用品選びは、生理を快適にして、自分の体を知ることにつながるのです。(河西沙英子)

 ◆ナプキン派8割

 生理用品の国内シェア1位を占めるユニ・チャーム(東京都港区)が、18~49歳の定期的に生理がある全国の女性(妊娠中の人は除く)を対象に昨年12月、インターネットで行った「生理用品に関する1万人調査」によると、日本人女性の76・5%がナプキン使用者であるのに対してタンポン使用者はナプキン併用含め23・0%にとどまった。

 生理時の悩みについて、もっとも多かったのが「経血のもれ」で、9割が「気になる」と回答。「におい」「蒸れ」「かぶれ」を気にする声も半数以上あった。

 ナプキンは体勢を変えたときにずれることがあり、万一もれたときのために、「薄い色の服は着ない」(79・0%)「運動を控える」(46・4%)など、日常生活に制約をもうけている人が多いことがわかった。

 ◆タンポンの勧め

 こうした現状に、神奈川県立汐見台病院産婦人科産科、早乙女智子副科長(48)はタンポンの使用を勧める。

 「体内で経血を吸収するタンポンは、もれや蒸れなど、ナプキン使用時に起こる問題をほとんどクリアできます」

 ナプキンよりも小さいタンポンは、旅行時にかさばらずに済み、温泉やプールにも入ることができる。

 これらは女性だれもが分かっているはずなのに、なぜ使用率が低いのか。早乙女さんは理由として、装着に慣れが必要で、初めて使うときには、ナプキンよりも「抵抗感」があることが考えられる、という。

 生活の中でも月経は高度にプライベートな事柄。そのため、友人の間でも生理用品について話題にしにくいという事情はある。しかし、せっかくのメリットを生活に生かさないのはもったいない。

 ◆本当に合うものを

 最近では布ナプキンや水に流せるものなど生理用品も多様になってきた。自分に本当に合うものを見つけてほしいと早乙女さんは話す。

 「生理用品の選択肢を積極的に検討することで、自分の体を見つめるきっかけとなります。自分に適した生理用品を使えば、月経によって起こる痛みなどの生活上の不都合を和らげ、快適な毎日を過ごすことができます」

 また同時に、月経の仕組みや、自分の体のサイクルを意識することにつながる。さらに体への意識は、避妊や子宮内膜症などの婦人科系疾患についても関心を持つきっかけとなるという。

 「女性が自分の体を管理する姿勢は、まず生理用品をしっかり選ぶことから始まると思います」。早乙女さんはこう強調した。

                   ◇

 ■画期的「シンクロフィット」

 「ナプキンとタンポンの中間」と表現される新しいタイプのナプキンが登場している。ユニ・チャームが平成20年に製品化した「シンクロフィット」はナプキンより小さく、女性の体にフィットする挟むタイプ。使用後はトイレに流せるというのが最大の特徴で、訪問先などで使用済み生理用品の処分に困るといった悩みを解決する画期的な製品だ。ナプキンは外で吸収、タンポンは中で吸収するが、「シンクロフィット」は経血の出口で吸収する。足さばきもよく、ずれやもれの恐れが低いため、動作の多い仕事の女性に向いているとされる。「シンクロフィット」の前身の商品も含め、開発に8年かかった。

東京コレクション・ウィーク 秋冬物新作続々 26日まで(毎日新聞)
北教組事件 党内外から「小林氏辞職を」 本人は否定(毎日新聞)
B型肝炎、7地裁で追加提訴(産経新聞)
郵貯限度額、2000万円に=政府出資は3分の1超(時事通信)
「閣僚は国務に専念を」=小沢氏(時事通信)

築地市場移転費を削除 民主、予算修正案まとめる(産経新聞)

 築地市場の移転関連予算が盛り込まれた平成22年度の都の中央卸売市場会計予算案について、修正案を検討していた都議会民主党は23日、市場会計予算案から移転関連費を削除した内容の修正案をまとめた。24日の議員総会で了承を得て、各会派に提示する方針。

 修正案は、都が移転関連費として計上した1281億円のうち、移転先の用地取得費など1260億円を削除したもので、26日の予算特別委員会で共産や生活者ネットワークも賛成に回ると、修正案が可決される公算が大きく、移転計画が中断する可能性もある。

 市場会計予算をめぐっては、共産党が16日に同様の修正案をすでに発表、民主など他会派とも協議したい考えを示していた。

レンタルメールフォーム「Xform」が4/16以降に初期費用を改定
【ネット番記者】かわいい猫に和んで(産経新聞)
ひき逃げ容疑で会社員逮捕=路上に男性横たわり、死亡-警視庁(時事通信)
放射線障害防止法にクリアランス制度-文科省が改正案(医療介護CBニュース)
厚労省が時短ガイドライン発表(産経新聞)
プロフィール

もちづきしんいち

Author:もちづきしんいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。